スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派閥で新生活スタート

[広告] 楽天市場
  • 派閥復刊 保守党の解剖 [ 渡邉恒雄(実業家) ]
  • 自民党の正体 こんなに愉快な派閥抗争史 [ 倉山満 ]
  • 冬の派閥【電子書籍】[ 城山三郎 ]
  • 派閥【電子書籍】[ 永森誠一 ]
  • 【中古】 織田信長の家臣団 派閥と人間関係 中公新書2421/和田裕弘(著者) 【中古】afb
  • 【送料無料】 派閥 保守党の解剖 / 渡邉恒雄(実業家) 【本】

遠く離れていても、派閥を見上げれば、同じ空を見れる。

こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki‐MAJOです。

 

読者様よりコメントをいただきまして・・・

 

真央ちゃん見守り隊様より

 羽生くんと連盟

初めまして。いつも勉強させて頂いております。羽生君にある種の違和感を感じている方は、少なからずいらっしゃると思います。連盟関係者から聞いた話ですが、彼は勝ちに対する拘りが大変強く、我を通すため連盟との関係は良くないそうです。オーサーのに師事したのも、勝ちに拘るが故だそうで、他の代表級日本人選が師事していたにも関わらず無理やり押しかけたようです。手引きしたのは城田憲子です。普通他国の代表級の選手を複数人も引き受けることは無いそうです。その方は「あいつあんなに嫌われて引退したらどうするんだろうな」と仰っていました。城田氏も連盟の実力者のように喧伝されていますが、母校からも連盟からも外されているのが実情です。羽生君と城田氏の今後について、彼らの置かれている状況を見ると、管理人様の鑑定とリンクしているなあと感じ入った次第です。
長々失礼いたしました。これからも楽しみにしております。

(転載ここまで)

コメントありがとうございました。

 

ああ、やっぱりなーと思うところがあります。

彼の《勝ち》や《点数》に対する異常なこだわり・・・

私も見ていて、これでいいのかと案じるところではありました。

 

ユヅ君 出典:pbs.twimg.com

 

彼から、『綺麗な存在感』がどんどん消えてゆくんです。

10代終わりから20代初めの男の子なら、世阿弥のいう『時分の花』の盛りです。

イケメンなら、なおのこと、輝いて見えないといけないのに。

自ら黒いオーサーのところに行ったら、周りには黒い大人ばっかりが集まってきて・・・、

城田憲子に○川静香・・・、嗚呼

 

宇野昌磨君との関係がビミョーと言われるのも納得できるところがあります。

いうなれば、『派閥』の問題。

羽生結弦さんや荒川静香は、仙台出身の《仙台閥》

伊藤みどりさん、浅田真央さん、宇野昌磨君は名古屋出身の《名古屋閥》(便宜的に呼んでいます)

名古屋閥の方は山田満知子コーチ門下が主です。

 

何故か、フィギュアスケートのオリンピックの金メダルは名古屋に縁がなかった。

伊藤みどりさんの場合は足の不調で仕方なかったかもしれないが、

浅田真央さんの場合は、明らかに邪魔されたようなものです。

名古屋の(真っ当な)フィギュアスケート関係者が悔しく思う気持ちは当然あるでしょう。

(こういう事情が、先日の河村たかし名古屋市長の『炎上』発言に繋がっています)

 

それもあって樋口美穂子コーチは、勝負に出たんだろうなと思うわけです。

彼女は山田コーチの直弟子ですから。

 

FSに『トゥーランドット』を選んだのも、荒川静香に「ゲンの良い曲ですから」と言えますものね。

樋口コーチ、策士です。さすが。パチパチ

昌磨君にとっては2016年の世界選手権のリベンジにもなるし。

 

(名古屋閥の関係者は、もう平昌が開催不可能らしいと分かっている節があります。

それが仙台閥には伝わっていないのかなー、と思うところはあります。

微妙な対立があるんでしょうね。

IOCが、フィギュア団体戦の韓国チームの出場停止勧告処分って、

少なくともフィギュアの会場はもう韓国じゃないってことでしょう?)

 

 

ユヅ君としょーま君の《恒例》の手つなぎ(笑) 出典:

 

 

実際に羽生さんと昌磨君の仲がどうなのかそこまで詳しく知りませんが、

昌磨君は、一切そんな事情や心中を表に出さない。よく出来た子だなぁと感心します、若いのに。

 

 

 

女帝と従僕

 

この落第天皇夫婦が神道の祭祀をないがしろにしていたおかげで

日本の八百万の神様のパワーはせき止められていましたが、

さすがにこの夫婦も年老いて《徳》を失い、力が衰えてきた。

長男夫婦はバカで使い物にならず、国民の人望がない。

 

優秀な次男夫婦に国民の期待が集まってきたので、日本の神様のパワーが復活しつつあるのです。

(それを邪魔する勢力がいまだ頑張っています。ここで負けてはなりません)

 

安倍総理と次代の天皇陛下と皇后陛下

 

 

羽生さんはカトリックで日本の神様のご加護は期待できませんが、

 

名古屋には勝運の神様、熱田大神(熱田神宮)がおわします。

 

熱田神宮

 

 

熱田神宮は、ヤマトタケル命の最後の恋人、

尾張のミヤズ姫命が形見の『草薙の剣』を祀ったのが由来です。

主祭神は『草薙剣』を御霊代(みたましろ)にした天照大神(熱田大神)、

平たくいうと、草薙剣と天照大神が一体になった状態です。(剣の女神さま?)

もちろん、ヤマトタケル命とミヤズ姫も一緒に祀られています。

尾張は大和の同盟相手だから、何代にもわたって大和朝廷と縁組みしてきました。

 

 

歴史的に見ると、桶狭間の戦いの前に織田信長公が熱田神宮で戦勝祈願したのは有名ですね。

(見事勝利した信長が、お礼に寄進したのが『信長塀』)

 

熱田神宮 信長塀

 

 

映画にもなった『火天の城』(原作:山本兼一)は、

安土城建設という一大プロジェクトを任された、熱田の宮大工たちのストーリーでした。

 

 

熱田神宮のご祭神のヤマトタケルは10代の頃、女装してクマソタケルを討ちました。

油断した大の男二人を、少年ながら一刀で仕とめる見事な『刺客』ぶり・・・

 

日本武尊 月岡芳年 画 Wikipediaより

 

ティーンエイジャーの頃の織田信長、女の子のような可愛さです。

 

織田信長初陣図

 

宇野昌磨君、B・オーサーへの《刺客》の運命を托されたことに、何というか運命の符丁を感じます。

(オーサーと昌磨君の因縁については、で書いています)

 

 

(女より男が好きなホモーサーよ、こんな可愛い男の子に《刺される》なら、本望じゃないか(笑)。

熱田大神様の粋なおはからい(爆)、しかと謹んで受け取るがいい)

 

 

熱田大神様、女神だから、可愛い男の子がお好きなのかしら、というのは冗談ですが、

(熱田大神様、怒らないでください 祓いたまえ、清めたまえ・・・)

 

勝利や運命、幸運という《水もの》は、何故か洋の東西を問わず、女神の担当なんですね。

 

サモトラケのニケ(勝利の女神) ルーブル美術館蔵 Wikipediaより 

ニケを英語読みにするとナイキ

 

幸運を掴みたかったら、女神に嫌われてはいけないんです。

女神は、男神より気難しいところがあるようです。

清潔にする、驕らない、謙虚に振る舞う、か弱い者への憐憫の気持ち・・・etc。

これらを忘れてはいけない。増長していると思われると、とたんに女神に嫌われる。

 

 

若い信長に桶狭間で勝たせた熱田大神は、本能寺であっさり明智光秀に討たせてしまった。

増長した、と思われたのでしょうか。

 

 

そういう点ではユヅ君、ヤバいレールに乗っちゃたかもしれない(>_<) 

早く軌道修正してほしい

 

 

ヤマトタケルは、叔母のヤマト姫(伊勢斎宮)が霊的に守っていました。(柳田国男のいう『妹の力』で)

昌磨君と樋口コーチの関係と、どこか重なります。

宇野昌磨君と樋口美穂子コーチには、ぜひ熱田神宮に参拝していただきたいものです。

 

 

 

熱田大神様については、気づいた点がありましたので、再び記事にします。

熱田神宮は三種の神器のひとつ、草薙剣を奉安する社と言えば、カンの良い方はお分かりかも。

また、熱田様は初えびすで有名で、福の神様でもあります。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。

 

 

 

 

 

 

 

派閥 いいにおいがします。

「希望の党」の共同代表に、玉木雄一郎君が選出されました。私と玉木君は09年の初当選同期です。私がその後2度落選したのでかなり差が開きましたが、同世代の同期生としてぜひ頑張ってもらいたいと思います。

 

玉木君は若干3期生で2016年の民進党代表選に出馬。その際、私は推薦人を引き受けました。旧民主党以来、私は衆議院議員として7回の代表選にかかわりましたが、選対の中心に入って本気で応援したのは2011年の馬淵澄夫さんと16年の玉木君だけです。どちらも大敗でしたが…

 

なぜこの二人を応援したのか?もちろん、他に応援する人が少なかったので必然的に中心にならざるを得なかった、という面はあります。なにしろ、党首選ともなれば「とにかく勝ち馬に乗ってポストを確保する」のが永田町の常識というもの。大敗必至の陣営に馳せ参じる物好きなど、ほとんどいません。

 

私の場合、馬淵さんにも玉木君にも当時、地元が同じ都道府県なので選挙のプラスになるとか、おなじグループ・派閥に所属しているとか、特に世話になった恩や義理があるとかいう事情はありませんでした。地元に応援に来てもらったこともなかったのです。(もちろん、代表選後はいろいろお世話になっていますが)

 

それでも応援した理由は、崖っぷちの民主党・民進党に新たなリーダーを生み出したい!そうしなければ日本の政治が立ち枯れてしまう!という危機感からでした。ともに出馬当時は3期生。永田町は著しい年功序列(当選回数至上主義)の縦社会で、たかが当選3回で野党第一党の代表選に出馬するなど常識外れです。しかし、だからこそ応援する意味があったのです。

 

当時の民主党・民進党は国民からの支持を失っていたにもかかわらず、何度失敗しても同じような顔ぶれで主要ポストをたらい回しにする「金太郎アメ人事」が続いていました。「実績と安定感がある」というわけですが、経験の長い人に実績や安定感があるのは当たり前。権力を手放したくないだけ、と見られても仕方ないでしょう。

 

今回、離党ドミノから民進党分裂に至った原因の一つに、金太郎アメ人事が生んだフラストレーションの高まりがあったことは確実です。全員野球を標榜しながら、いくら三振しても満塁弾を打たれてもエースや四番は固定、というのが当時の民主党・民進党で、試合に負け続けても改めようとしなかったためにチームが崩壊してしまったわけです。

 

当時の馬淵さんや玉木君は、そのような閉塞感に満ちた党内体制に風穴を開けようとあえて無謀な挑戦をしてくれたわけで、私も「人生、意気に感ず。功名誰か復た論ぜん」という覚悟で、損を承知で陣営に身を投じたのです。

 

その玉木君が、いよいよ共同代表になりました。野党第一党ではありませんが、衆議院における立憲民主党との議席差はたった3議席ですから、押しも押されもせぬ主要政党の党首です。希望の党は当時の民進党以上に厳しい状況ですが、逆にそういう危機感がなければ玉木君のような若手が党首に選ばれることはあり得なかったのかもしれません。

 

近く執行部人事が発表されますが、玉木代表には「年功」と「すわりの良さ」ばかりに気を配って人事を決めてきた民進党の過ちは繰り返してほしくはありません。崖っぷちどころか崖から踏み外して片手でぶら下がっているのが、いまの希望の党です。国民に期待感を抱いてもらうことだけを考えて、思い切った人事をしてください!

 

玉木共同代表に、期待する!

スポンサーサイト

プロフィール

sumoujyoshi

Author:sumoujyoshi
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。