FC2ブログ

福岡県警 街に、ルネッサンス

[広告] 楽天市場
  • 【中古】(福岡県警察)管内プロフィール
  • 【中古】福岡県警察関係法規類集
  • 【中古】福岡県警察二十年の歩み
  • 【中古】福岡県警察史
  • 福岡県警察史〈昭和前編〉 (1980年)【中古】
  • TLヴィンテージ NEO 西部警察 08 グロリア/ローレル 福岡県警察 パトロールカー 2台セット

本当にヤバい福岡県警の脆弱性6つ

 俺の控訴審の担当検事だった

 

福岡県直方市長の壬生 隆明。

 

彼は市長という立場であるにも関わらず、

 

知人の福岡県警の元警視であった

 

要 幸次の弁護をしていたのだが

 

(銀行のキャッシュカードの

 

不正利用を装った詐欺未遂の疑いで

 

逮捕、起訴)、

 

今年の3月24日、

 

予定通り判決が言い渡された。

 

結果は懲役2年、執行猶予3年。

 

要 幸次は

 

「キャッシュカードを紛失し、

 

他人に引き出されたので

 

同額分を補填してほしい」

 

銀行側に話していたそうなので、

 

その話に沿った主張をしていたそうだが、

 

それに対し検察は論告で、

 

「被告は利用していた

 

出会い系サイトへの送金で

 

預金を引き出したのに、

 

心当たりのない出金があったと

 

銀行に噓を言った」

 

と指摘し、

 

「警視という重要な立場にもかかわらず

 

法を犯し、警察に対する信頼を失墜させた。

 

反省も見られない」

 

と批判までした。

 

そして、高橋 明宏裁判官からは

 

「一部取り引きで振込明細書を

 

保管したり、振込先をメモしたりしており、

 

全てを失念することは不自然」

 

「犯罪を取り締まる警察官の立場で

 

責任は軽くない」

 

と突き放された。

 

また県警をめぐっては今年、

 

小郡署の警部補が酒気帯び運転容疑、

 

春日署の巡査長は強姦致傷容疑、

 

本部警備部公安3課の警部補に関しては

 

淫行容疑で逮捕と

 

事件・不祥事が重なっていた為、

 

鍛冶田 敬首席監察官が記者会見で

 

「より高い倫理観が求められる幹部として

 

言語道断の犯罪行為であり、

 

被害者と県民におわび申し上げます」

 

と謝罪したそうだ。

 

(犯罪のオンパレードだが、

 

福岡県警のロールモデルは警視庁なのかな?)

 

ところで友達想いの壬生ちゃん、

 

「無罪になるそれなりの理由がある」

 

「被告は単にカードをなくしたと

 

銀行に報告し、口座状況を確認しただけ。

 

詐欺の故意はなく無罪だ」

 

とまで言っていたくらいなのだから、

 

もちろん控訴はしているのだろうな。

 

簡単に諦めてしまうようでは、

 

自身の主張の説得力に

 

欠けてしまうからな。

 

その主張が噓でないのなら、

 

しっかり上告まで

 

頑張ってもらいたいものだ。

 

俺も応援してるぜ。

 

同じ無罪を争った者としてな。

 

 

 

「選挙で選ばれ政治、行政に

 

専念すべき責任があり、

 

全市民も代表する市長が

 

特定の事案に関わることは

 

倫理的におかしい」

 

         新藤 宗幸

     (千葉大名誉教授(行政学))

 

 

 

NEW

- 私達はリベンジポルノを許さない -

 

~石元太一氏に公平な裁判を~

 

双葉社より発売中

 

双葉社より発売中

 

¥596 Amazon.co.jp

福岡県警詐欺に御注意

●殺人天国日本!

日本の殺人事件は厚生省によれば2016年で300人を切ってるそうだが、変死体は毎年10万体以上発見されている。。。解剖率は1998年段階で4%。予算が限られている。権力者には都合が良い。殺人天国日本?

共謀罪導入でさらに権力者にとっては都合が良くなった!殺し放題、野放し放題。先進国日本?あらゆる面で世界から見れば劣っている。憐れな国日本・・・そこに住む憐れな私。

ーー

何とも恐ろしい事だが、警察が全く信用できなく、監察医が解剖率を上げる気が全くなく、執刀する医師も設備も予算も大幅に不足している国、こんな国はとても先進国とは言えない。

 

 

――

(*以下詳細)

 

メキシコ、殺人事件の件数が過去20年間で最多に

メキシコで今年10月に発生した殺人事件の件数が、過去20年間で最多の約2400件だった。国家公安システム執行事務局が発表した。

スプートニク日本

これまでの「最高記録」は、今年5月の約2200件だった。

事務局によると、今年初めからメキシコでは約2万900件の殺人事件が発生した。

昨年同時期は2万500件だった。そのため今年2017年は同国のエンリケ・ペニャニエト大統領就任以来(2012年12月以来)殺人事件の件数が最多となる可能性がある。

日本では、戦後から1986年までは年間1000人程度だが、1987年から1000人を切り、2012年の段階では400人を切っている。現在は?

ただ・・・2010年に発生した殺人事件1067件ですが
日本は毎年16万体も発見される変死体の大半を解剖しないので実際の数はわかりませんが
殺人事件として数えられたのは1067件です。

2016年の人口動態統計()が公表されました。私が注目したいのが、です。その中で、死因簡単分類別の「他殺」の死者の数字は、289人でした。一昨年(2015年)より25人も減っています。

(*本当かどうかは不明。つまりは「他殺とされた人の数が289人」で実際はどうかわからない。変死体が16万体も???なんだよそれ!)

 

(*以下詳細を知りたい人は、このブログ記事がいいかも。)

 

殺人天国日本

今時、日本の司法、検察や警察は優秀で、犯罪は科学的かつ適切に捜査されている、と信じている国民は少ないと思う。 その上、医者が信じられないと言う異常事態が現代の日本だ。

警察庁が発表している死因が不明ないわゆる変死体は2004年度 136,092人でその内、司法解剖された死体はわずか4,969体だった。 明らかに犯罪によると見られる死体は1,528体で、犯罪による死体ではないか、と疑われる死体の数は12,448体だった。

犯罪性が疑われた死体でも法医学者の目に触れることなく、適当な病名をつけられ火葬されてしまっている。 解剖されている変死体の外国との比較は国によって制度や考え方が多少は違うので、厳密な比較は出来ないものの、 1998年の病理解剖を含む統計は、変死体の解剖率、ハンガリー49%、スエーデン37%、フィンランド36%、イギリス24%、アメリカ12%、ドイツ8%、日本はわずか 4%。

日本では司法解剖の予算が決められており、2005年では  5,000体分、3億4千万円だった。 毎年これに合わせて解剖が行われている。 その上、警察は犯罪率を下げたい事と、捜査が面倒な殺人事件はなるべく減らしたい、と言う思惑で、毎年多くの殺人事件が闇に葬られている。

監察医制度のある都市での法医学の専門家は東京 50人 神奈川 3人 愛知 8人、大阪 33人、兵庫 11人で全国で150人いるそうだ。 

不思議なのは神奈川県のわずか3人しかいない監察医だ。
 下の表はその一人伊藤順通(まさみち-東邦大名誉教授)と言う日本の解剖医学会の権威者のでたらめな検死の数だが神奈川県内での変死者の半数以上が伊藤の検死で、まさに異常というほかない。

年度

変死者数

伊藤の検死数

解剖数

得ていた収入(推定)

1996年

5076

3010

69

6,227万円

1997年

5534

3286

71

6,785万円

1998年

6590

3529

72

7,274万円

1999年

7182

3419

62

7,024万円

通常は解剖の多い監察医でも検死数は年間 500体前後で、時間的にそれ以上検死、解剖する事は不可能だと言う。 ベテランでも死因を特定するための解剖には少なくとも30分から1時間はかかり、平均的な解剖率は変死体の25%~30%と言うが、伊藤はわずか 2%程度しか解剖してない。

 

 

(*以下、上記のさらなる詳細)

 

身体外表の検査→所見、特に損傷等の異状の有無を記録 写真撮影。 
解剖: 身体内部の検査→所見、特に損傷 疾病等の異状の有無を記録 写真撮影。 
死体検案書発行。 警察に鑑定嘱託書記載の鑑定事項 (死因、死後経過時間等) について回答。 
必要に応じて、血液型検査、薬毒物検査、病理組織検査等を行い、死因等を正確に判定。 
鑑定書を作成し、司法当局に発行。 事件により鑑定書は裁判の際の証拠となる。 
また鑑定人が証人として呼ばれ、証言を行うこともある。

東邦大医学部教授だった95年、オウム事件で殺害された弁護士の坂本堤さんの遺体の司法解剖をした事でも知られているが、裁判の中で「解剖は95年9月8日午後2時から9時半ごろまでかかった。」と述べている。 実に7時間半もかけたと言う。 しかし明らかに「頭がい底粉砕骨折」を「窒息死」と判定し、裁判の中で弁護士に「あなたの証言が一貫しないのは、どういうわけですか。」などと言われている。 つまりこの時も解剖などしてないのだ。

(*****あるいは権力者をかばったのだろう。そのためにいるような伊藤監察医。だからテレビでは監察医のドラマをやって、「真面目にやってます」という広告をしているわけか。

ーー

監察医と検死官の違いを教えてください。

日本には、専門職としての検死官はなく、
警察本部刑事部の検視官(刑事調査官)や、
検死を依頼される警察医や大学病院法医学教室の医師を
総称して言う。
検視官は、ベテラン警官の視点で、
所轄署の初動捜査を支援し、
犯罪性のある事件として捜査体制をしくか、
司法解剖を要請するかなどに、助言を与える。

監察医は、変死体や死因不明な死体を調査する専門家であるが、
現在は、東京区部・横浜・名古屋・大阪・神戸にしか
いない。本来、全国で行うべきだが
京都・福岡は行政改革と称して廃止してしまった。
監察医が死因解明のために要請する解剖は行政解剖であり、
犯罪を推定して行う司法解剖とは異なる。

監察医制度の無いところでの
死因解明のための解剖は、遺族の承諾が必要だが、
監察医は、遺族の承諾不要で、
行政機関として解剖を行うことが
法律で認められている。
※官職をカタカナというのも、
ドラマみたいに、ドクター刑事というのもなんだし

****)

神奈川県はまさに殺人天国と言える。 伊藤監察医は外見だけ見て「心筋梗塞」「脳梗塞」「自殺」などの死因をつけ、ほとんど死体に触れることなく検死を終えていた。

1997年7月に起こったは交通事故にあい、自動車内で倒れていた運転者(54歳)を警察官がそのまま放置し、死なしてしまった。 その妻が警察と監察医を相手に裁判で戦っている事件。 神奈川県警はレッカー移動だけして、けが人をそのまま放置し、10時間後に死体でで見つかった。 その死因を事故死ではなく心筋梗塞として処理してしまった。

この事故は明らかにあて逃げ事故だが、県警も面倒なのでけが人を放置し、伊藤監察医は死体を見ただけで心筋梗塞と死因を特定すると言う異常な事態が起きた。 その後、警察の言動に疑問を持った家族が独自に調査を始めたところ、神奈川県警の組織ぐるみの「証拠ねつ造」疑惑が浮上した。 警察と監察医が事故の隠蔽と鑑定のでっち上げで現在でも裁判が続いている。

警察が見逃して、後で殺人事件になった事例は山ほどあるが一部を紹介すると、1998年の須坂で起こった毒ウーロン茶事件、長野県警は急性心臓死として火葬してしまったが、男性が買った同じスーパーで青酸カリ入りのウーロン茶が見つかり、犯罪が発覚した。

北海道の標茶町で起こった事件で1999年に交通事故で頚椎骨折で即死とされた高校生の遺体の横に、脱いで明らかに置かれたヘルメットときちんと並べた軍手があるにもかかわらず、解剖もせず捜査もしていない。 明らかに殺人事件だが、事故死とし死体はすでに火葬されてしまっている。

1999年長崎で起こった連続保険金詐欺事件で海に転落して事故死として処理された男性が、その7年後、息子も同じ手口で殺害した佐賀県の女が睡眠薬を飲ませて水死させたとして逮捕された。

2000年埼玉県で起こった保険金詐欺事件は風邪薬を大量に飲ませ殺害したが警察は病死とし、トリカブトと言う猛毒を飲ませて殺害したのを自殺としていた。 2人を保険金目当てで殺害した金融業者が逮捕され自白して発覚。

2002年福岡県久留米市の連続保険金殺人事件は看護婦ら 4人が仲間の夫を次々に静脈に空気を注射して殺害したが、福岡県警は病死としていた。

埼玉県川越では2004年父親を絞殺した息子が自首して殺人が判明したが、警察は病死としてすでに火葬されていた。

2004年福岡市の歓楽街中洲のバーのママが元の夫を刺殺したが県警は自殺とし、前の夫を水死させたが警察では事故死として処理した。 恐喝容疑で逮捕され、殺人を自白したために発覚した。

宮崎県南郷では2005年に保険金殺人事件があった。 宮崎県警は2001年に転落事故としていた男性の元の妻が保険金目当てで水死させた事が発覚。

2006年4月-5月秋田連続児童殺害、秋田県警 情報、分析すべて後手。 彩香ちゃんの水死体発見から3カ月、ようやく死の理由が母親の自供で殺害と判明した。 秋田県警の捜査がもっとまともで早く彩香ちゃん水死を他殺と見抜いていれば、豪憲君事件は防げたという批判が強まっている。

日本はまさに殺人天国、殺人犯が偶然自白したり、殺害を何度も繰り返すうちに発覚したりするが、多くの殺人事件の犯人である極悪人は警察の怠慢に感謝しつつ、のんびりと平穏な日々を送っている。

何とも恐ろしい事だが、警察が全く信用できなく、監察医が解剖率を上げる気が全くなく、執刀する医師も設備も予算も大幅に不足している国、こんな国はとても先進国とは言えない。


検死 - 医師の身分をもつものが行う検分であり、検屍とも呼ばれる。
検視 - 刑事訴訟法229条にもとづいて、犯罪の嫌疑の有無を明らかにするための刑事手続である。 検察官または司法警察員が検視を行う。

 

 

スポンサーサイト



プロフィール

sumoujyoshi

Author:sumoujyoshi
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR